技術情報 >> 参考資料他 >> VRS利用について

VRSネットワーク配信の利用について


※当社は、潟Wェノバ、日本GPSデータサービス鰍フVRS配信サービス取次店になっております。
    ・VRSの特長
    ・利用構成例
    ・サービス会社-ジェノバ様について
    ・サービス会社-日本GPSデータサービス様について
    ・お申し込みの流れ
    ・日本語 VRS-RTKの操作マニュアル


VRSの特長


◆概要
国土地理院の電子基準点データを利用し計算された仮想基準点と補正情報をサービスセンターからリアルタイムに受信し観測する方法で、携帯電話、モデムまたは、Ntrip方式のインターネット配信を利用した簡便なRTK処理です。
◆長所
   ・RTKレベルの位置精度2〜3cmの取得が容易。
   ・機器コストが半減。Rover用受信機だけで良い。
   ・既知点BASEの設置不要で、作業が簡便 。
   ・機動性に富んでいる 。
◆短所
   ・利用は携帯電波の範囲やLANエリアに限定。
   ・通信料、配信料の支払いが発生。
   ・何らかの通信モデム、Ntripソフトが必要。
   ・誤差要因の変化で精度が劣化するため10Km以内の利用。(RTK全般)

ページの上部へ ▲

利用構成例




ページの上部へ ▲

株式会社ジェノバについて


   ・補正情報の配信方法:
     KDDI用専用通信モデム(CPTrans)を利用。
     携帯、スマートフォンを利用したNtrip方式。

   ・利用方法:
     VRS方式−仮想基準点により基線解析を行ってRTK測位を行う方式。
     FKP方式−基準局の補正データと面補正パラメータの補正情報を線形補間
          して誤差を補正し、RTK測位を行う方式。
     ※専用モデムの購入が必要。     カタログはこちら→
     ※ジェノバ用専用ケーブルを使用。
     ※FKPは別途契約が必要。
     ※離島の場合は、申告により個別にRRSに対応。

   ・配信フォーマット: 共に RTCM2.3, RTCM v3.0

   ・ジェノバ サイトは、こちら → 

ページの上部へ ▲

日本GPSデータサービス株式会社について


   ・補正情報の配信方法:
     携帯、スマートフォンを利用したNTRIP方式。

   ・利用方法:
     VRS方式−仮想基準点により基線解析を行ってRTK測位を行う方式。
     RRS方式−実際の電子基準点を利用。
     ※VRS与点の検証や離島向き。
     ※個別の契約は必要ない。共に使用可能。
     ※現在、無料英語版インターネットラジオは、サポートを停止しております。
      日本語版 Ntripソフトウェアをご購入下さい。   カタログはこちら→

   ・配信フォーマット:
     (VRS) RTCM2.3, RTCM v3.0, CMR/CMR+
     (RRS) RTCM2.3, RTCM v3.0 

   ・日本GPSデータサービス HPは、こちら →  

ページの上部へ ▲

お申し込みの流れ


   1.お客様から当社販売店へご注文。
     ※注文書にお客様名を記載して頂きます。
  2.契約書類を販売店さまへ送付または、へミスフィアからお客様へ直送致します。
     ※当社の取次店コードが記入済であることを確認してください。
       3.ご契約は、エンドユーザ自身が行います。
  4.記入、署名後、配信サービスセンターへ送付。
  5.潟Wェノバさんの場合は、お客様へCPTrans(モデム)が10日ほどで直送されます。

ページの上部へ ▲