技術情報 >> 参考資料他 >> VS100による測定テスト

RTK式GPSコンパス VS100を使用したテスト


    ・VS100 GPSコンパスの方位データばらつきテスト
    ・VS100 GPSコンパスの回頭スピード追従テスト
    ・VS100 GPSコンパスに内蔵されているジャイロの動作確認
    ・VS100 MSAS衛星PRN129 によるDGPS測位精度


GPSコンパスの方位データばらつきテスト

件名: GPSコンパスの方位データばらつきテスト
測定: 定点観測(4F屋上)
機種: ベクターVS100 1台
時間: 30分程度
評価: 測量機セオドライト上に、VS100用アンテナ2台を50cmの距離で取り付け、30°ごとに回転させ、それぞれ2分程度の計測を行ないました。
バラつきは、0.12°精度は0.33RMSとなり、0°と360°の再現誤差は、0.27°となりました。
アンテナ距離50cmでは非常に高精度と云えます。
 


ページの上部へ ▲


GPSコンパスの回頭スピード追従テスト

件名: GPSコンパスの回頭スピード追従テスト
測定: 定点観測
機種: ベクターVS100 1台
時間: 10分程度
評価: 回転台の上で90度の急ターンを繰り返しましたが、方位データの途切れやイレギュラーなど無く、安定して追従できていることが分かります。
1目盛は1秒です。

クリックで大きい画像


ページの上部へ ▲


GPSコンパスに内蔵されているジャイロの動作確認

件名: GPSコンパスに内蔵されているジャイロの動作確認
測定: 定点観測
機種: ベクターVS100 1台
時間: 10分程度
評価: [A]時点で方位計測中のアンテナに遮断カバーをかけました。
データはブレてしまいましたが、内蔵ジャイロは正常に補間を始め、[C]の3分後に完全に停止しました。
データはNULLとなり再スタート、[B]のブレは受信機をわざとずらしドリフト状態をチェックしてみました。
内蔵ジャイロにより、3分間は1度以下の精度で遮断時による方位決定までの補間が確認されました。

クリックで大きい画像


ページの上部へ ▲


MSAS衛星PRN129 によるDGPS測位精度

件名: MSAS衛星PRN129 によるDGPS測位精度
測定: 川崎市二子橋4等三角点における定点観測
機種: ベクターVS100 1台
時間: 1時間程度(2008/2/28)
評価: バラつきは概ね33cm前後。クレセントGPSボードを内蔵しているので、A100などと同様にデータも非常に安定しています。
GPSコンパスでありながら位置精度も2dRMS=61cmとA100、R100に遜色ない精度結果となりました。

クリックで大きい画像


ページの上部へ ▲